権田幸喜「こころのこけし画展」津軽こけし館開催のお知らせ!

2017年、権田幸喜は、所有する3000本以上の伝統こけしコレクションを眺め、「こけし画」を水彩で描き始めた。こけし画の作成は、愛蔵するこけしの造形、手触り、描かれた東北各地の香り、花の色や木々の葉などを自らの筆であらためて確認するための作業でもあった。伝統こけしから得られる素朴さの香り、純粋さの感情を大事にしまってきた権田氏が描く、「こころのこけし画展」八甲田の紅葉が色づき始める初秋、津軽こけし館で開催。

こけしとは?

こけし館 館内ご案内


こけし絵付け体験

こけしが購入できるweb shop

こけし絵日記

伝承工芸館

ページ上部へ戻る