こけし館の伝統と歴史

~語り継がれる津軽の名工~【故人工人】

 
 

佐藤 伊太郎(明治2年~昭和12年) 温湯系

山形村温湯(現黒石市)の木地師佐藤伊助の長男。
伊太郎は、こけしは作らなかったといわれるが、伊太郎こけしは確かに残されており、斎藤幸兵衛と共通したものがあるところから、伊太郎の木地に幸兵衛が描彩したものではないかといわれている。

 

 

村井 福太郎(明治15年~昭和44年) 大鰐系

蔵館村(現大鰐町)の木地師村井伊三郎の2男。家具の脚をいかしたような胴に特色があり、描彩は長谷川辰雄と小山内清晴が当たっていた。

鰐の嶋津彦作のところで職人をしたが、そこには、山谷権三郎、長谷川辰雄、嶋津彦三郎らもいた。昭和8年ごろから盛んにこけしを挽いたが、そのすべてに長谷川辰雄が描彩したという。形は鳴子系、頭は鳴子と反対のはめこみ式で、描彩も、前髪や鬢の様式、胴模様などに鳴子系に似せたものがある。

 
 

嶋津 彦作(明治19年~昭和25年) 大鰐系

山形村温湯の木地師。嶋津家は藩政時代からの古い木地氏の家柄。大正3、4年ごろ、弟彦三郎とともに大鰐町へ移住した。 大正8年ごろ独立、動力ロクロを用いた木工会社を設立、自ら社長となった。職人には、弟の彦三郎の他、長谷川辰雄、佐々木金次郎、山谷権三郎らがいて、日常雑器や玩具類をつくった

 
 

斎藤 幸兵衛(明治23年~昭和18年) 温湯系

山形村温湯(現黒石市)の木地師斎藤幸太郎の長男で本名は峰太郎。斎藤家も藩政時代からの木地師の古い家柄で、代々幸兵衛を名乗った。農学校卒業後父について木地修行、こけしのほか、ずぐり、えじこなどの玩具もつくった。
幸兵衛こけしは上品でやさしい面立ち。長おぼこの直胴やくびれ胴をつくった。
盛秀太郎とお互いに影響し合ったが、志半ぱにして温湯を去る。

 
 

毛利 茂太郎(明治23年~昭和30年) 温湯系

山形村温湯(現黒石市)の木地師。毛利家も古い時代からの木地師の家柄で、鳴りごまを主として挽き、えじこもつくっていた。茂太郎のこけしについては、現存しないのではないかといわれてきただけに弦三コレクションにある4本は貴重である。

 
 

佐々木 金次郎(明治25年~昭和34年) 大鰐系

板留の木地師佐々木金助の長男。大正13年より、大鰐の嶋津彦作のところで職人をしたが、そこには、山谷権三郎、長谷川辰雄、嶋津彦三郎らもいた。昭和8年ごろから盛んにこけしを挽いたが、そのすべてに長谷川辰雄が描彩したという。形は鳴子系、頭は鳴子と反対のはめこみ式で、描彩も、前髪や鬢の様式、胴模様などに鳴子系に似せたものがある。


 
 

間宮 明太郎(明治28年~昭和52年) 大鰐系

大鰐町の木地師。昭和のはじめごろ、木村弦三の勧めでこけしをつくるようになり、同10年ごろからは、長男の正男とともにつくった。明太郎のこけしは、原初的な形態であたかも児童画をみるようにあどけない。

 

 
 

嶋津 彦三郎(明治30年~昭和44年) 大鰐系

兄彦作が設立した木工会社で職人として働いていた。 昭和2年、木工会社の閉鎖後も、彦三郎はそこで木地をつくり続け、こけしは長谷川辰雄が描彩していた。

 
 

山谷 権三郎(明治34年~昭和40年) 温湯系

山形村温湯(現黒石市)の木地師。山谷家は藩政時代から続く木地業の家柄で代々多兵衛(戸籍では太兵衛)を襲名。
権三郎は父藤吉について修行、長おぼこをつくったのは盛秀太郎の影響により昭和に入ってからだという

 
 

長谷川 辰雄(明治38年~昭和60年)

「理屈はわがらねェ。ただ、美しいと思った絵を描いているだけなんだ」

明治38年、黒石市板留の木地師の家に生まれた。生まれてまもなく、大鰐町の長谷川家の養子となり、18歳の頃、実兄佐々木金次郎に木地を習う。斎藤幸兵衛の所でも数カ月間修行する。幸兵衛のこけしについて『たしかに斎藤幸兵衛は上手だった』と後に語っている。

21歳の時、大鰐の嶋津彦作が経営する木工会社の職人として働く。日常雑器を作りながらこけしを作った。絵の才能に恵まれ、描彩を得意とした。

嶋津彦作、彦三郎のこけしのほか、頼まれるままに、他人の挽いたこけしに描彩を施した。仕事ぶりはていねいで、けして完成を急がせなかった。他の工人たちが3種類のサンドペーパーで仕上げをするのに対し、彼は7種類のペーパーを使い分けていた。普段から口数の少ない職人で、仕事中は口を開かず一息に描く。そうして描かれたあやめや菊はたおやかで瑞々しい美しさにあふれていた。

盛秀太郎とともに津軽系こけしの基盤を作った1人で、大鰐系こけしの代表的工人として知られる。

秀太郎の死の前年、80歳で没する。

 
 

三上文蔵(明治43年~昭和33年) 大鰐系

西目屋村砂子瀬に生まれ、幼いころから脚が悪かった。大鰐の嶋津彦三郎のもとで修業、昭和15年ごろからこけしを多数つくったというが、店をもつ前のものは木地のみで、長谷川辰雄が描彩していた。

 
 

川越謙作(明治44年~昭和34年) 弘前系

藤代村(現弘前市)の農家に生まれ、和徳町で雑貨店を開きながら木地を挽いた。
こけしは、昭和5年ごろ、木村弦三の依頼でつくるようになったもので、胴のくびれたものと、ずんぐり胴のものがあり、目を閉じているので「眠りこけし」と呼ばれた。

 
 

山谷 キヨ(明治45年~平成9年) 温湯系

"この年で絵筆を持てるのは幸せなことです"

※平成6年取材時

83才になりました。毎年、来年はもう描けないんじゃないかと思うのですが、まだ絵筆を持つことができて幸せです。私は木地師の山谷権三郎と結婚するまで、絵なんて描いたこともなかったんです。でも木地に模様をつけろと言われて、練習したんですよ。主に、椿と楓を描いています。いつだったか水墨でいい形の椿の絵を見つけて、それを手本にして彩色したんです。楓の葉は、もみじの名所中野から拾ってきて。私が山谷の家に来るまでは夫は自分で模様をつけてたようですが、私がやるようになってからは、まったくしなくなりました。私が描くものに文句も言わなかったところを見ると、気に入ってたんじゃないでしょうか。

 
 

毛利専蔵 (大正5年~平成15年) 温湯系

明治の木地師毛利茂太郎の長男。温湯温泉で父の跡を継いで木地を挽き始める。斎藤 幸兵衛が温湯を去った後、盛秀太郎とともに津軽系こけしを支えた名工である。

 
 

間宮 正男(大正10年~平成20年) 大鰐系

"まだまだ若い者には負けやしません"

※平成6年取材時

間宮の家は代々、木地師で、父明太郎が木村弦三先生に勧められてこけしを作り始めたと聞いています。戦前の話しですが、弦三先生が大鰐に来た時、こけしの職人が集まった席で木地にさらさらとあやめの模様を描いたんです。「こんなのはどうだろう」と。みんな感心して、以来大鰐のこけしにはあやめの絵が描かれるようになったんです。 私は尋常高等小学校を終えた15歳から、父についてこけし作りを習いました。細かいことは教えてくれませんよ。父親の手を盗みながら覚えたものです。今年5月に胃を手術して、あまり調子は良くないんです。 でもあと10年は、がんばるつもりですよ。まだまだ、若いモノに負けやしません。

 
 

村元 文雄(昭和6年~平成11年) 温湯系

"四十年やってもこれでいいとはなりません"

※平成6年取材時

25歳の頃、体をこわして温湯へ湯治に行ったんです。そこでこけしと出会って、毛利専蔵師匠に弟子入りしました。小さい頃から手仕事が好きでしたから続いてきたのでしょうが、40年近くやっても、これでいいということはありませんね。1本でもいいからこれぞと思えるものができれば、と願っているのですけど。 昭和52年に青森で国体が催された時、青森県のさまざまな物産を昭和天皇にお見せしたら、私のこけしをお買い上げくださったそうです。後で聞いて、びっくりしました。
昭和天皇がこけしをお買い求めになたのはその時が最初だそうで、津軽こけしに目を止めてくださったことがうれしかったですね。

   
 

奥瀬 鉄則(昭和15年~平成2年)温湯系

「師匠のこけしには魂が込められている。それが人を飽きさせない魅力だ。 私も人に安らぎを与え、人の心に明かりをともすような作品を残したい」

昭和15年、黒石市二双子の農家に生まれた。昭和31年夏16歳で盛秀太郎に弟子入りした。師匠宅に住み込み、昼は農作業と木地挽きの基礎を習い、夜は黒石高校夜間部へという、昔ながらの弟子修行だった。

師匠が弟子に事細かに教えることなどないのがこの世界の常であれば、技は盗み取るものだった。師のマネに始まり、そこを越えなければ一人前にはなれない。

門を叩いてから4年後、こけしを作ることを許され、自分の作品に値をつけて町のみやげ屋に置かせてもらったのは、7年後のことだった。13年間の修行の後、昭和四十四年に独立、民芸店経営のかたわら、盛秀こけしの後継者として活躍。昭和61年、全日本こけしコンクールで総理大臣賞を受賞。奇しくもこの年、師盛秀太郎が世を去る。

盛秀太郎の後継者として将来を嘱望されながら、平成2年、50歳という若さで世を去る。

   
   
 
 

佐藤 佳樹(昭和24年~平成19年) 温湯系

"一人でも多く人にこけしの良さを伝えたい"

※平成6年取材時

父の苦労も、仕事に対する情熱も、どちらも見て育ちましたから、仕事を継ぐにあたって少しは悩みました。 同じ年頃の兄弟弟子が4人いましたが、しつけはきびしかった。実の息子だからという差は全然なかったです。「名工、名人を夢見るな。あわてずに仕事ができる職人になれ」と言った父の言葉を、いつもかみしめています。 先日、父のマネをしてこけしの底に足を描いたら、『まだ早い』と人に言われました。改めて父の大きさを思い知りましたね。
去年から「津軽こけし工人会」の会長になりました。若輩者の私にこの大役が務まっているのは、こけしに対する熱意という点で、工人全体の気持ちが一致しているからでしょう。1人でも多くの人にこけしの良さを知ってもらうことが、私の役目だと思っています。

   
 

小島 俊幸(昭和24年~現在) 温湯系

"顔は毎日描きます。でないと腕がおちるんです"

※平成6年取材時

昨年、故郷の北海道名寄市でこけしの実演をすることができました。市をあげて大歓迎してもらって、本当に幸せでした。こけしを続けてきて良かったなぁと、しみじみ思いましたね。
こけしマニアの叔父が収集のために温湯を訪ねたのが縁で、佐藤善二師匠のもとに弟子入りしたのが中学2年生の時です。実は、三回逃げたんです。でもその度に親から、せっかく始めたのだから、もう少し技術を磨けと諭されて―。師匠は「こけしはいつでもできる」と言って、お椀とか杓子などの木地物もしっかり仕込んでくれました。
顔は、どんなことがあっても毎日描きます。1日に1本でも描かないと、腕がおちるんですよ、本当に。

   

Copyright@津軽こけし館All Rights Reserved.

お問い合わせ/サイトマップ